スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットプライス(2009年5月末)

今回はひとつのファンドを除き上昇しました。
ひとつのファンドとは、変額個人年金(一時払い)のグローバル債券型ですが、▲0.16%です。

そのほかではやはり海外株式が好調です。
一ヶ月で12.03%の上昇です。
ただ、過去1年で見るとまだ▲42.06%です。

これがリスクです。
リスクというのは、よく危険という意味で使われるのですが、実際はブレ幅という意味です。

上がるときも下がるときも幅が大きいということです。

私は、海外株式の中に21%組み込まれているJPM BRICS5という投資信託を購入しているのですがこちらもすごい勢いです。

2006年に購入したときの価格は11450円、昨日現在は12235円と上昇しています。
これだけを見ると良いんじゃないという感じですが、実際は・・・

2007年の11月ごろに23000円台になりました。
1年程度で倍になったんです。

ところが、2008年10月に6000円を切りそうになりました。
そうです。2年で半分になったんです。

2007年の良かった頃の記憶が邪魔して手放せず、危うく最安値近辺で売りそうになりました。

ただ、同時期に購入した日本の新興市場のファンドは36000円台で買ったものが14000円台と半分になっています。
こちらも一時は増えていたのですがこちらは戻りが少ないです。

幸い私は少額で運用しておりますのでダメージは少ないのですが、リスクがある程度以上ある商品は、時間をかけられるお金で運用するべきだと実感しました。

また、リスクを落とす方法として一度にまとめて購入するのではなく、タイミングをずらすことも非常に大事だと思います。

長期と短期の色分けができれば比較的余裕をもって運用できますので、まずは、「いつ必要なお金なのか」を見極めることをお勧めします。

長期間寝かせられるお金(学資金、老後の資金等)は長期資金
短期間で必要なお金(車検代、結婚費用、車の購入費用、住宅の頭金等)は短期資金

短期資金は銀行、郵便局
長期資金は保険、証券
といった分け方で考えていただければと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

MicroAd

amazonおすすめ

ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ
カウンター
プロフィール

sasafp

Author:sasafp
<略歴>
1972年生まれ 愛知県出身 O型・かに座 
中央大学経済学部~愛知銀行~クレディスイス生命保険
2008年1月 専属代理店として独立
2008年10月 法人設立
2010年1月 ソニー生命PA認定

<業務>
生命保険・投資信託・FPコンサルティング・営業マンコンサルティング・がん治療支援

<資格>
国家資格2級ファイナンシャルプランニング技能士
生命保険協会認定FP(トータルライフコンサルタント)
住宅ローンアドバイザー
日本証券業協会2種外務員

<病気>
2000年(27歳)悪性リンパ腫と診断(6ヶ月入院、4ヶ月自宅療養)
放射線・抗ガン剤治療により完全寛解

<ご相談のお申し込み>
ご相談お申し込みはこちら
お問い合わせはメールフォームからお願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
4280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
478位
アクセスランキングを見る>>
地域別情報

ジオターゲティング
カテゴリ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
amazon.com
アニコム ペット保険
海外旅行・留学保険
google ad
QRコード
QR
プロダクトクラウド
人気記事ランキング
士業なう
全国士業のつぶやきポータルサイト
skype
Skype Me™!
ツイッター
足跡
ピンクリボン
リボン運動
キボウのカケラ
借金時計
リアルタイム市況
為替チャート&レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
定期預金金利比較
定期預金
ネットバンク 定期預金
住宅ローンシミュレーション
社会保険料計算
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。